読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always be there

趣味や子育て、時々ライブも

映画「里見八犬伝」(1983)の感想

薬師丸ひろ子の「WOMAN」という曲が頭の中をかけめぐりどうもならない・・・。

確か80年代の曲をいろいろと聞いていたせいだったのかこの曲にたどりつき、

ああ、そういえば昔見た映画でもう一度、みたいなぁって思って、dtvで探して

みたら・・・ありましたありました。

 

この映画は、もう子供のころTVで見て以来なので、どんな内容なのかほとんど覚えて

いませんでした。ただ、子供心に非常に心を打たれ、ぼろぼろ泣いたお話の一つでした。もう一回、感動できるのか?と不安になりながら鑑賞しました。

 

あらすじなど確認したい方は別で。

私の個人的な感想です。

ぼろぼろになるほどは泣けませんでしたが、やっぱりいいお話でした。

もちろん、突っ込みどころはたくさんありますがね。

真田広之さんがとってもかっこいいです。文句なし!!

演技というより、アクションが多い話なので、身のこなしがすばらしかった~

ヒロインの薬師丸ひろ子さんも、意外と運動神経がいいのか、真田さんの走りについていけてたのがびっくり。

真田さんの役はちょっと!?乱暴者だけど根はやさしいタイプで薬師丸さんはプライドが高いけど自分の考えがきちんとあるお姫様。

この二人が、少しづつひかれあっていくお話。私の中ではね。いや、お姫様に仕える8人の剣士をあつめて敵を倒すってのもあるんだけどさ。

真田さんは、最初はお姫様をさらって、敵の大将に差し出して、ごほうびもらおうとしてたんだけど、だんだん姫さんの事を助けたくなってくるんだよ。傷だらけになっても、自分が犠牲になろうとも民を助けたいっていう姫さんの強さに惹かれていたから。

 

対する姫さんは、真田さんに最初から追いかけられたり(軽く襲われそうになったり)、縛られて囚われたりとかなり悪役気味の人なので、まったく興味なしでした。

でも、いざって時、助けてくれたり、手を差し伸べてくれたりして、だんだんと・・・

これで、惚れないわけがないww

いやいやでも、真田さんとは身分が違う。薬師丸さんお姫様だから。とちょっと真田さん少し考えるんだよね。身を引くというか立場をわきまえるとか。

 

途中まで、姫さん守るための8人剣士に入ってもいなかったら、途中で別れさせ

られたり、しまいにゃ殺され(そこまでしなくても・・・・)そうになってね。

姫さんも自分の使命があるから真田さん巻き込むわけにも行かなくって

本当は一緒にいたいけど・・・ってなってたわけ。

 

真田さんこと親兵衛(しんべえ)の本当の親は姫さんが倒さななければならない敵(妖怪)の息子だったってこと判明し、実母のに妖術をかけられ一時、姫さんとは敵対するのよ。好きな人が自分のこと殺そうと襲い掛かってくるのはとても切ないなぁ~と思いました。その後、妖術が解け、親兵衛も8剣士の一人となって、チョーラブラブになったんだけどさ。

このラブシーンもなかなかはづかしい・・・。

お互いの想いが通い合ったのもつかの間、またまた敵が襲ってきて今度は姫さんを連れていかれてしまう。そして8剣士たちは敵のアジトへと姫を救出するために命をかけて

戦うのです。

長いですね、思ったよりこの映画。二時間越えです。

 

この話は最初から、人がバッタバッタと死んでいくので、8剣士もみんな生き残るなんて思えなかったから、当然のように、一人ひとり亡くなっていくんです。

もちろん、残ったのは姫さんと親兵衛の二人だけ。

そして、姫さん叔父さんの城へ送り届け、二人はまた・・・別れちゃうんです。

姫さんはお家の復興させなきゃいけない使命があるのでね。

その叔父さんによくぞ一人でここまで来れたなって言われたんだよね。

ここものすごく、つらいよね。8人剣士のことは叔父さんに関係ないし言っても

もう死んでしまっているし(ただ一人を除いて)

けど、叔父さんの息子から

壊された城は元通りに直します、あとはお任せを的なこと言われたら

もう、いままで苦労してここまできた想いがこみ上げて

いきなり「しんべぇ~」の雄たけび

外まで聞こえないよ普通(娘につっこまれた苦笑)

 

結局は、姫さんは新兵衛と共に生きる道を選びましたとさ。

になるんですが、最後のシーンはかっこいいです。爽快です。

すっかり、真田広之のファンになりました。いろんな映画に出てるから

見てみようと思います。

 

里見八犬伝  ブルーレイ [Blu-ray]

里見八犬伝 ブルーレイ [Blu-ray]

 

 

 

 

 

映画「TUGUMI」感想

この映画を観るのは2度目だ。

1度目は映画館。高校生のころだったかな~、試写会のチケットをラジオの懸賞でゲットしたんだっけ?友人と一緒に応募したのに、私一人しか当たらなくって、初めて一人で映画を見た。結構思い出の映画である。

 

もちろん、原作吉本ばななはちゃんと読んでいたから、映像化されるのでどんなふうになるのかかなり期待して、楽しみにしていた。・・・・けど、やっぱり原作と実写は違うんだと早々に教えられた作品でもあった。

 

この映画をなんで見直してみたかっていうと、真田広之さんが出演していたからです。

正直、全く覚えてなかった・・・・というくらいこの映画の内容を忘れてしまっていました。学生のころ見た映画なのにね、この忘れっぷりがもうすでに、この映画の興味を物語っていますね。きっともう2度とみることはないだろう・・・・って思っていたんだと思います。当時はね。こうしてもう一度見る理由っていうのも、真田さん目当てだし。

 

なんか、モノローグとか土地のPVなのか観光PRなのかっていうノリではじまり・・・。原作の世界観とは違うなぁ・・・。これじゃない。

小説での、粋な会話とかあるのにね。言葉を大事にしてない感じがしたんだよね~。

牧瀬さん、もう今じゃ誰それ?っていわれちゃう女優さんだけど、当時は人気あったんだよね~。つぐみ役はわりといいと思う。

まりあ役の中嶋さんもいいし、出てる人たちは別に問題なかったように思う。まぁ、脚本とかが私の好みに合わなかった・・・だけ。

真田さんが、包帯巻いてたり、松葉杖ついているのがなんか、珍しくて楽しめた。

だって、アクション俳優で、めっちゃ動ける人だから、こんな状態になった姿なんて見れないよ。

ただ、やっぱりかっこいいですね。男前です。あまりうまくない牧瀬さんをフォローするかのように素敵でした。でも印象は薄い(苦笑)

海辺で牧瀬さんが真田さんを後ろから抱きしめるシーンは、良かったです。

少女漫画のようにコマワリ見方をすると、素敵なんだけどねこの映画。

いかんせん、つながっていかない・・・。流れが悪い。

 

最後まで見てから、ちょっとだけ思い出した。つぐみ(牧瀬)がまりあ(中嶋)宛に

手紙を読むところ。ここはようやく、言葉で伝わってくる。そうだったのか・・・。

ってな感じで。もう死んじゃって、遺書みたいな扱いで読むけど・・・。

実際には、ラストで本人から電話かかってくるから生きてるんだけどね。

ここはほっとするところなのだろうが、いまいち感動できなかった・・・。

 

もう、悔しくなってきたので原作を読み直してみようと思う。

 

ちなみにこの試写会は会場でプレゼントがいろいろあり、そこで「あきたこまち2キロ」をゲットし、帰りに自転車がパンクし、変質者に遭遇し、帰途にたどり着いた

という苦い思い出もくっついている。

これ見ると思い出すから見なかったのかも・・・・(苦笑)

 

あの頃映画 「つぐみ」 [DVD]

あの頃映画 「つぐみ」 [DVD]

 

 

 

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

 

 

 

名探偵コナン「純黒の悪夢(ナイトメア)」感想

ここ数年、コナンに再燃してきているのですが、映画は黒の組織関係の方が

好きなので近年多くてうれしいです。

先週、記念すべき20作品目の映画を観に行ってきました。

 

毎年のように、無料鑑賞券をゲットすべく、いろいろな所に応募していたので、その願いが届いたのか、今回は当選!!まさかというぐらいびっくりしました。

数年前は知り合いからチケットを譲ってもらったけど、今年はお金出して観に行くつもりでいたので、肩すかしくらった感じです。まぁどちらにしても観に行けるのは変わりないので良かったです。

 

ダンナから観に行った感想を聞かれ

「で、話は進んだの?」

といわれたww観に行かなくてもどうなったかは知りたい・・・よね。

私、「分かったことや、つながりが見えたけど、話自体は進んでないよ」

と答えました。

今まで黒の組織の話が映画でやるとき、どっかでみんな、ちょっとは黒の組織の片鱗が

分かるかも!!って期待していると思うんだけどね。

正直、それは今回もなかった・・・・。

「漆黒の追跡者(チェイサー)2009」

「異次元の狙撃手(スナイパー)2014」

ときて今回三度目。

いろんな発見あったけどー。でもでもー。ラムの正体、全くわかりません。

 

さてネタバレしつつ感想を。

不満ばかりで申し訳ありませんが、映画が面白くなかったわけじゃあ、ありません!!

アクション素晴らしかった!!赤井さんや安室さんが、かっこよかった。

コナン君があいかわらず人間ばなれしてて、ウソだろーまじか、すごーい、というツッコミを心の中でしつつ、笑い出したいところ満載でした。(アクションコメディなのか!?)なぜ、あのベルトは切れないのか!?とかあのベルトがあれば世界救われることあるかもとかいろいろ考えちゃったww

アニメだからこそのアクションが非現実的なのでつい。やだわ~素直にすごい!!

かっこいいと思う反面、にやける。

 

キャラクターでいえば、記憶喪失で謎の女性「キュラソー(コードネーム」

の行動がせつない、最後でした。思わずうるっときちゃいました。

組織の人たちって基本個人主義で、特にジンなんて自分ひとりでなんでもやっちゃう。

利害があって集まってるけど、本当はどう思ってるのかな~って考えてしまった。

キュラソーはずっと独りだった。そこでたまたまラムと出会い必要とされ、組織に入ったと。

他の人たちはどうなんだろう、独りの方がいいことも多いだろうにわざわざ、なんで

組織に入るのか。入ったのか。なんてことを考えたわけです。

 

観覧車があの程度で止まるのかって、あのベルト一体どんな構造になっているのやら~

アガサ博士よ教えてくれ!!

あのベルトがブチ切れることはないのかしら??それとあのボールも。

映画用なのかアニメでは普段めったにベルトの存在は出てこないんだけどね~。

 

あそうそう、あんまり蘭ちゃんの出番がなさすぎて、寂しかったわ。

どちらかというと「コナン&哀」の方が多かったし~。

今回は推理よりアクションがたくさんあったので、映画館で見た方がより楽しめると思います。今度はちゃんと推理やってほしいです。

ああ、そういや、佐藤さんの昔の想い人、松田さんが出てましたね。

今回一番びっくりした登場人物だったわ~。いやいや、誰これって思う人いるんじゃ

ない??何年ぶりだよ。ただ、コナンの中ではせいぜい1、2年くらいの話だが、わたしからすりゃ10年は軽く経ってるよね。

 

コナンはどんどん登場人物が増えてきて、誰と誰がつながって、どこからコナンの正体

を知っているのかがちょっとわからなくなってきそう。

赤井さんが新一=コナンということを分かった上での状態なのかそうでないのか

が分からない設定だし。赤井さんがコナンのこと

「ぼうや」

て連呼しすぎて・・・・。

安室さんは、最初から「古谷さん!!」って呼ばれてるし(苦笑)

声優さんつながりでずいぶんと笑わせてもらいました。

ガンダム世代にはたまらない設定ってやつ?

 

なんだか、最近のコナン映画に出てくる大型施設って壊されるために出てくる気がして

悲しくなるわ~。観覧車が素敵だったのにさ。

あらいやだ、アニメ映画だっていうことを忘れるほど、格好よかったよコナンくん。

来年こそ、新一が見れるといいなぁ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お伽もよう 綾にしき ふたたび 感想

昨日、Bookoffにて2巻から5巻まで購入してきました。

1巻を購入したのは1年以上まえで、2巻買ったか買ってなかったかを思い出せず

子どもが買ってないというのに、私は買ったという口論にちょっとなった。

結局2巻買ってなかった・・・・。子供の方がちゃんと記憶していたことに少なからず

ショックを受けた(大人げないが)

 

本当は、「彼方から」の方が欲しかったのだが、あいにく置いてなかった・・・または売れちゃったのか?20%オフというのもあって、いつもより人が多かった気がします。

 

さて、感想は、安定の仲良しさ。ラブラブっぷりが読んでいてしあわせでした。

それと同時に、もののけたちの孤独やらに胸を痛めぼろぼろ泣いちゃった。

なんだろうね、泣きたかったのかな~涙腺弱い。多分疲れもあると思う。

 

長い長い間、願い祈り続けて、ようやく救われる話はいろいろ読んできましたが。

やはり、ひかわさんのお話には、胸をうたれます。

王道って一言で片づけていいものじゃない。誰の心にもあてはまってしまう孤独や寂しさをうまく描ける作家さんはなかなか貴重なのではないかと思う。

 

どうやら最近6巻出たらしい・・・。買おうか買うまいか悩んでます。

それよりも「彼方から」の方が・・・欲しいよ~ 

ウツのこと。

ウツこと、宇都宮隆のファンになってからはや四半世紀。

昨年は、ニコ生でライブを見ることができとてもうれしかったです。

一時期は、TVなどにも出演していたのですが・・・元来、彼ってTVは苦手なので

ほとんど今では皆無・・・。しかし。友人であると同時にTMのメンバーの小室、木根さんがTV好きのため(苦笑)たまにひきずられて出ております。。。

 

今ではyoutubeやニコ生でライブ映像とか見れるようになってますが、

1曲ずつだったりするのがもどかしい、このライブ全部通しで見たい!!

とか思って、自分の持ってるDVD引っ張り出したりして。

哀しいかなほぼビデオなので、デッキ壊れちゃって以来見れなくなっちゃって

そのままにしてたら、カビが!!うーん、どうしよう。。。

さんざん見たし、しょうがないのかも。無理やり納得。

 

はじめて、TMを聞いたときすごく衝撃を受けた。なんだろうこの曲・・・

「self control」

自己の意思で感情や欲望を抑制すること。私の中では永遠のテーマ(笑)

曲もすごかったけど、詩にも共鳴したのだと思う。

楽しいと思ったのに、誰かの言葉悲しくなってへこんだり、いらいらしたり。いつでも楽しい気分でいられない。SNSとかもそういうことあるよね~

けど、人とかかわるときはそうもいかない。そんなことを感じたり。

どんな人たちが歌っているんだろう・・・??顔も知らないTMの曲にただただ感動

したのが最初の入り口。

ベストヒットの歌番組が大好きだったけど、その頃はアイドルや歌謡曲が中心でバンド

みたいな人たちもいなくって。もうかなり未知の世界でした。

それと、TM NETWORKってどういう意味なんだろう。ってのもすごく

気になりました。

 

思えば、初めて聞いたのはラジオからだった。音楽雑誌にはのっていただろうが

それ以外は全く情報がなくって。まだ学生で何も知らなくて。

それから、ラジオでTMのライブが流れた。それをカセットテープにとって

何度も何度も聞いて。

もちろん、まだ顔も何もわからないままに・・・ただひたすらTMの音楽を

聞いていました。

そうして半年ぐらいたって、ようやく3人の姿をTVでみることができました。

ベストテンだったかな?11位以下での注目曲という

ので登場しました。セルフを歌ったかなぁ・・・。

3人とも黒い格好して、てっちゃんがほとんど話していたかなぁ・・・てっちゃんは物腰が柔らかい人という印象を持ちました。しかし、ウツはほとんどしゃべんないし木根さんもたいして話してなかった・・・。なので、こういう人たちが歌ってるのね。

イメージしてたのよりずいぶん地味(苦w)・・・いやいやまじめな感じでした。

てっちゃんだけちょっと華やかな感じしました。

けど、歌いだすとウツはものすごく印象が変わって、びっくり!!

なに??この人というめちゃくちゃ興味がわいてきました。ギャップがね~

ウツの顔は自分のタイプ・・・・ではなかったし、てっちゃんも顔立ちが整っているなぁぐらいしか思いませんでした。なんせ、もうすでに彼らは今でいうアラサー。

私は学生です。すっごく大人だな~って思ってました。

 

その後「GET WILD」も聞いて、またあらたに感動~。

「誰かをまもるためにつよくなれるなら 何も怖くない」なんて

また胸をしめつけられそうな詩が入ってるんだろう・・・。

曲もすごくかっこいいし。

ラジオからカセットに録音して、毎日リピートしてました。

本当に曲が大好きで。

 

TMの中で誰が一番好きといわれれば、ウツと答えていたけど、実は

それと同じくらいてっちゃんの作り出す音楽が好きでした。

ただなんでか、てっちゃんの見た目にはどうにも惹かれなかった・・・。

いや、若かったころは顔立ちも整ってすごいきれいだし・・・ヴィジュアルは

アイドル並みに良かったんだけどね。

ウツのことを書こうと思ったんだけどね、また話がずれてしまったわ・・・

うん、音楽雑誌とか読んだりラジオとか聞いたりしてるうちに、だんだん

好きになっていった感じかな~。歌う時もセクシーで格好イイと思って

いたんだけど、そういうのより話し方や、たたずまいとかお茶目なとことか

な所の方が好きになったかな。セクシーとか周りに言われても学生の私には

ぴんとこなくて、ライブなどで見せる笑顔がかわいい~に惚れてしまったのでね。

声が良くて、背が高くてスタイルが良く、笑顔がかわいいけど黙った姿はカッコイイ。

こういう人は、ちょっといそうでいない。と私は思ってますね。

だからずっとウツのファンなんだろうな~。

 

 

 

 

 

 

 

 

お迎えデス。1話目 感想

1週間待たされ多分、期待してました。

番宣もたくさんして、なんか面白そう?な感じはしてたし。

一言でいえば、福士君カッコイイ、ウサギの着ぐるみカワイイ、ゲスト二人の演技に泣かされました!!何とか次も見ようかなって思えたってところです。

原作が好きなので、変わってるとこもあってそれは仕方ないなぁと思い別物として

見ました。

福士君は好きだし、他の出演者も嫌じゃないから、好意的に見ました。

 

土屋さんのあぐまも原作とは全く違いましたが、気の強さとか体育会系のまっすぐさは

伝わってきたので良かったです。ヒールとかショーパンってなんではいてるのかはあとでわかるんですかね。ただ単にそう言うのが好きっていう設定なのはいやかな。

二人のゲストの話は泣けましたね~。ちょっと自分と重なって。

私も似たような経験して、父とは分かり合えず、ごめんなさいくらいは言いたかったと後悔していたのでね。

 

福士君の演技はそんな変ではなかったかな~と思います。ファンなので欲目。

せっかくのあの美貌といい声を持っているので、がんばってほしいです。

母親目線だよね。30歳くらいにいい役者になってるとうれしんだけど。

どこであの演技に変化がみられるのかって所。舞台とかの方が演技の勉強になって

いいんじゃないのかとか思うんだけどさ、家で映画ばっかりみてないで

舞台とかライブとかそういうのに行った方がいいのにと思ったり。忙しくてそういう

こともできないのかな~とか思ったり。

 

福山雅治を初めて見た時もなかなか、おおっ!!てなったぐらい惚れたけど

それ以来、福士君に久々におおっ!!いい男だって思えたから、ほんと頑張って

欲しいわ演技。まだまだ、ヘタヘタ言われてて可哀そうだけどね。

あと、どんな人と恋愛するんだろうなぁってとこも気になります。

 

あ、全然ドラマの感想になってないや・・・

 

 

 

 

LIVE UTSU BAR TOUR 2016 「それゆけ歌酔曲!!」~ギア2~

に昨日行ってきました。

公演場所は昨年と同じ、「EX THEATER ROPPONGI」でした。

東京公演は昨日から続いての2日目。

今回は迷わずたどりつけました。東京に住んでるっていうのに、こういった都会的な場所は全く不慣れで、少しどきどき、周りにライブにいきそうな人について行こうと思って周りを見たけど、なかなか見つけられなかった・・・・。でも何とか、ナビでつきました。

さて、ライブの感想ですが、ウツ格好良かった!歌良かった!トークし過ぎ(苦笑)

でした。

今回の席は結構前の方で、席に着いたときは思わず「近い!!」と思ったんだけど、

ステージが高く、見上げる感じでした。

ウツは変わらず、スタイルよくて、紺色のハットに、アロハっぽいシャツ、ホワイトのパンツでした。足がながーくてほれぼれ。

曲についてはネットなんかで調べて、youtubeで検索して一応きいてはきたけれど

アレンジとかウツの声だとかで全然違うものになってくるんだろうなとは思っていました。

久しぶりに聞いたウツの声はやっぱり素敵でした。

女性の歌が多かった気がします。なんかキーが高めな感じがしました。

 

歌はね~とっても良かった。がしかし、トークの方は・・・長い、長すぎる。

いや面白い所もあったよ。あったけどね。1曲歌っては話して、1.2曲歌って

は話して・・・。それも、よっちゃん中心だし。確かにウツはしゃべり倒す

タイプではないのはわかるけど、よっちゃんがどんどん、しゃべり倒すと止まらない

し、ウツに話を振らない。ってことが多くてね。面白いといえばそうなんだけど

でもな~ウツと会話のキャッチボールはあまりできてないなぁ・・・。と

昨年は、初めてということもあり、よっちゃんがリードしながら話してるのは

仕方がないかってみてたけど、今年はもうちょっとね、ウツよ、がんばって話して

欲しかったわ・・・。

ちょいちょい、ツッコめない所もあり。

うたぼんの話とかは良かったかな~。

バンド名、毎日変えてたんだ・・・。めんどくさいのに・・・って思っていたら、昨日は考えてこなかったみたいな言い方してたよ。即興で作ってたのヒドイ・・・(苦笑)

 

もう、全体的にファンじゃなきゃ、もう無理みたいに、だらだらだった・・・。

好きなんだけど、せっかくお金だして、もうちょっと・・・。

何が足りないんだろうって思ったのは。ウツの歌う曲数だと思った。

ニシケンやよっちゃんに歌わせるのはいいけど、ウツの歌聞きたいんだよ!!

なんやかんや歌ったけどラストの曲「TIMESMILE」が一番聞けて良かったな、って思いました。

 

格好つけてないウツ、自然体のウツ、もうそこにいてくれるだけでいいんだよね。

結局は、ライブで同じ空間にいられただけで幸せとか思っちゃう、お手軽ファンなんだわ私ってば。

 

終わって速攻帰ってきたら9時前でした。

ライブ見て、こんな時間に家にいるなんてすごいかも~とちょっとびっくり。